米納津隕石落下地記念碑


栃倉 亮です。

1837年、現在の燕市富永地内の水田に落下した巨大隕石の

落下地の記念碑で、昭和37年に地元のアマチュア天文家の

寄付により建立されました。

巨大隕石の重さは31.65キロで全国で3番目の大きさで

記念碑にあるのはレプリカで実物は国立科学博物館に保存されています。

珍しい碑で巨大隕石がここに落ちたんだと考えると

宇宙への夢が広がります。

  • 機械要素部品
  • 産業用ロボット
  • 工作機械
  • 自動機械設計 部品加工
  • 中古工作機械