令和の大改修


金井 博です。

『東洋のパナマ運河』と呼ばれる大河津分水が

2022年に通水から100年を迎えます。

近年頻発する豪雨による水害への備えとして

現在大規模改修が行われています。

河口の川幅を拡大し、野積橋も架け替えとなる予定です。

工事現場近くには信濃川河川事務所が管轄する『にこみえ~館』があり

分水路改修事業について学ぶことができ

長年の治水努力により今があることを感じさせられます。

私達の今の生活も様々な技術や歴史的な積み重ねによって形作られて

きたことを忘れず、社会に貢献できる仕事をしていきたいと思います。

  • 機械要素部品
  • 産業用ロボット
  • 工作機械
  • 自動機械設計 部品加工
  • 中古工作機械